マハーバリプラムの建造物群 - インド 世界遺産 写真・壁紙集

  • 2012/05/12(土) 12:00:02
かつてインド南東部を治めていた、タミール系王朝のパッラヴァ朝が7~8世紀に力を入れた石造の寺院や彫刻物が、海岸や岩山に残されています。古代から中世にかけて、石窟寺院→石彫寺院→石造寺院と変遷した歴史を確認できるようです。


 写真共有サイトFlickrを中心に壁紙にお似合いの写真をセレクトしてご紹介します。
 ”掲載ページへ”(5/12現在)をクリックで写真掲載の入り口ページへご案内します。
     無料でダウンロードできますので、よろしければ利用してください。
               画像クリックで → 拡大します。











<世界遺産 関連サイト> ----------------  インド:渡航情報
Category:世界遺産 --------------- Wikipediaによる各遺産の解説
みんなでつくる世界遺産ガイド --------- 国内旅行者による写真付き旅行記。
旅行のクチコミサイト フォートラベル【送料無料】印度きらめく無への巡礼
【送料無料】古代インド建築史紀行
【送料無料】 インド神話 マハーバーラタの神々 ちくま学芸文庫 / 上村勝彦 【文庫】
TOP»世界遺産»マハーバリプラムの建造物群 - インド 世界遺産 写真・壁紙集

この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

この記事へのコメント

コメントありがとうございます。

電力会社は、たいした経費を削減もしないで、赤字になれば電力の値上げをすれば良いという考えなんですね。
国も電力会社には強く言えない弱みもありますし。

東京都が、どこまでこのような体質に踏み込めるか。
それにしても、一番の被害者は、私たちです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

  • by   
  • 2012/05/12
  • | 編集

nitrunさんへ

東電への公的資金は累計約3兆4千億円!破綻状態の会社が”値上げは権利”などとよく言えるものです。
政府は送配電部門の分社化を打ち出してますが、不動産の売却も含めしっかり手綱を引いてもらわないと困ります。
ttp://www.topics.or.jp/editorial/news/2012/05/news_133583452644.html

東京都は筆頭株主になりましたので、6月末の株主総会に向けて株主提案を準備しています。「安くて安定的な電力を供給し、顧客サービス第一を使命とする」実現してもらいましょう。

  • by   
  • 2012/05/12
  • | 編集

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する