イスチグアラスト・タランパジャ自然公園群 - アルゼンチン世界遺産

  • 2019/02/02(土) 12:00:02
北西部のチリ国境近くに位置する国立公園。2億3000万年前の三畳紀の地層から世界最古とされる恐竜や爬虫類の化石が発見され注目されるようになりました。砂漠地帯、地層がむき出しの岩壁や奇岩が独特の雰囲気を醸し出しています。
 Ischigualasto/Talampaya
1_Talampaya36s.jpg
”掲載ページへ”  ”別フォト”


写真共有サイトFlickrを中心に壁紙にも面白そうな写真をセレクトしてご紹介します。
“掲載ページへ“ (2/2現在)をクリックで写真掲載の入り口ページへご案内します。
無料でダウンロードできますので、ご興味があれば利用してみてください。
画像クリックで ⇒ 拡大します。


 








 < 世界遺産 関連サイト> ---------------  アルゼンチン:渡航情報
Category:世界遺産 --------------- Wikipediaによる各遺産の解説
みんなでつくる世界遺産ガイド --------- 国内旅行者による写真付き旅行記。
旅行のクチコミサイト フォートラベル
恐竜大研究 [ (ドキュメンタリー) ]
地球の歩き方フォトブック 世界の絶景アルバム101 南米・カリブの旅 / 武居台三 【本】
三畳紀の生物 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ)) [ 土屋健 ]
TOP»世界遺産»イスチグアラスト・タランパジャ自然公園群 - アルゼンチン世界遺産

この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

この記事へのコメント

2億3000万年前ですか? 行ってみたいですね、その世界へ。

  • by   
  • 2019/02/03
  • | 編集

和 さんへ

コメントありがとうございます。
タイムスリップで戻って帰れる空から眺めるツアーでもあればいいですね。
地上に降り立つと、大変なサバイバルゲームになること請け合いです。

  • by   
  • 2019/02/05
  • | 編集

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する